旅はいつでも新鮮さがある

旅をするということは、何も楽しむことだけではありません。計画をする段階から目的を決め、時刻表を確認したり宿の確認をしたりと忙しい反面、この時間が楽しいという人も多いです。旅する際、初めてで不安もある一方で、新鮮な気持ちで目的地に向かう人がほとんどです。着いた先というのは今まで見たことのない場所になるわけですし、そこまでの道のりに使った交通機関も初めてという場合がほとんどです。わからないことだらけのことでも旅を通じて覚えていくことになり、旅を重ねれば重ねるほど自分自身も成長していくのではと考えます。また、その地域の文化や風習にも触れることができますし、グルメな人であれば新しい発見をどんどんしていけるわけです。

旅は無計画でも楽しめる

旅をする段階で、計画を一切立てることなく出発する人もいます。もちろん海外へというのであれば少し不安もありますが、日帰りや比較的近い旅先であれば困ることも少ないです。なぜ無計画かというと、行く先々で何かを発見し、興味のある場所をあてもなく見ていけることです。計画を立てていればとうぜんその場所の情報が頭の中に入っているわけですから、ドキドキ感はどうしても少なくなります。一人旅もそうですが、そこに何があるかわからないというのも魅力です。この場合も新しい発見ができ、自分の思い描いた旅よりずっと充実した時間になることがあります。経験したことのないことを体験できたり、歴史のある建物に出会えたりと必然的に様々な知識が身についていくと思います。